施工管理の仕事が有望視されるのはなぜですか?

施工管理や施工管理技士が有望視されるのは、専任技術者という前提があり、建設や改修事業の需要が切れ間なくあるから。

施工管理の仕事が有望視されるのはなぜですか?

建設業界ではできる限り待遇を良くして求人にあたり、少しでも多くの優秀な人材を確保しようとしています。

圧倒的な売り手市場は、今後も変わることがありません。

■必須の有資格者と途切れることのない建設・改修需要。

建設業界において施工管理の資格や仕事が有望視されるのには2つの理由があります。

1つは「専任技術者」、「専従義務」ということ。

そしてもう1つは「建設ラッシュは当面つづく」という見方があることです。

日本においては訪日外国人の数をさらに増やすという目標があり、近くは東京オリンピック・パラリンピックなどの特需があります。

また公共施設やインフラ整備などで土木・建設関連の工事は、切れ間なく続けられなければならないことが分っています。

■人材育成に時間がかかり確保するのは至難のワザ。

専任技術者とか専従義務というのは、施工管理技士・監理技術者などのことで、一定金額以上の工事を請負った元締めの会社は、建設現場に専任の施工管理者等を置かなければならないと定められています。

またその資格がある従業員がいない会社は、工事を請負うことすらできません。

しかしこの施工管理技士や監理技術者という資格は取得までのハードルが高く期間も長期にわたることから、人材不足の状態が慢性化しているのです。

■需要に対して供給量が圧倒的に少ない状態は売り手市場です。

施工管理技士は求人に際してもより有利な立場で臨めます。

施工管理技士が必要とされる現場がほぼ恒久的にあり続ける日本では、求人数に対して応募者数が圧倒的に少ない状態であるため、条件は応募する側に有利となり、就職しても大失態を起こさない限りリストラされる心配がまずありません。

周囲が有望視するのはそのためです。

≫≫気になる記事:ビルの施工・管理にロボット活躍 不動産・建設会社など人手不足に対応?

このエントリーをはてなブックマークに追加
施工管理の求人について、率直な疑問にお答え! Copyright (C) www.isoldes-liebestod.info. All Rights Reserved.